海外FXを始める前に出資の不安解決!

出資配当金



出資配当金とは、企業などに出資をしたことによりその企業が収益を上げた場合、そこから出資者に利益を分配される配当金になります。

株式会社であれば、出資者は株式を手に入れることによって企業に出資を行いますので、出資配当金は株による利益配当請求権に基づいて行われることになります。
もちろん、こうした配当金は常に一定の額という事ではなく場合によっては減額される場合もありますし、逆に増額になる場合もあります。

この配当金の増減にかかわるものは、企業の業績や収益によって発生するものですので、そこを起因とすることもありますが、例えば政府などに向けての政策的な配慮や、企業の記念行事や、過去の配当の状況、業務の大きな変革、同業他社との兼ね合いなど様々な要因で変化する場合もあります。

この配当金は、持っている株の量と、その株あたりの配当の金額で決定され、こうした配当の金額などは、企業によってさまざまに違いがあります。
したがって、大きな配当金を得たいのであれば、たくさんの株を手に入れることが重要になり、株の量が多ければ多いほどその配当金の金額も大きくなっていきます。

配当金の実施については法的な規制はないため、現在の日本の株の配当は2%から企業によっては3%ほどとなっており、また配当が受け取れる回数も企業によって年に1回の企業もあれば、年に4回の配当を行う企業もあります。

こうした配当は、その企業が定める配当権利確定日に支払われることになりますが、この期日の3営業日前までの権利付き最終日と呼ばれている日までにその企業の株券を所有することによって配当金を得られる権利を獲得することが条件となっています。

この権利付き最終日を超えてしまえば、その時点で条件が確定しますので、あとは株券を売ってしまっても、配当金を受け取ることができます。

配当金の支払いは、多くの場合3月や9月といった決算月に行われることが多く、こうしたことから、権利付き最終日の前後では株価が大きく変動し、最終日が近づくにつれて株が買われて値上がりをし、最終日が過ぎると株が売られて値下がりをするという相場の傾向もあります。

このような仕組みになっている出資配当金ですが、基本的には企業の経営年数によってにつれて配当金が増えていく傾向があり、その理由は、企業そのものが年を追うごとに成長して経営が安定していくという事、また、株の配当金を増やすことで出資者である株主を多く集めて、広く出資者を求めていくことによって、企業が買収されること防ぐためなどの理由があげられます。