海外FXを始める前に出資の不安解決!

出資と投資と融資の違い



企業などが、事業を展開していくために必要な資金を集める方法として、出資を受けるという方法と、融資を受けるという方法によって資金を調達することができます。

この出資や融資を行う側の人たちは、起業に対して資金を投じることによって、その企業が事業を展開し、そこから利益を得て自分の資産を増やそうと考えており、この行為の事を投資と言います。

つまり、投資とは自らの資産を将来的に増やして運用していくために、現在持っている自分の資産を投入していくという事になりますので、出資と融資よりもさらに大きな意味合いを持っている言葉になります。

では、残った出資と融資の違いを企業が行う資金の調達、もしくは企業に対する資金の提供という部分で考えてみましょう。

まず企業に対する融資になりますが、この場合な企業に対して資金を持っている人たちが、これを貸し付けることになります。

企業に資金を貸し付けると、企業は貸し付けの証明として債券を発行し、貸し付けを行った人たちはこれを得て企業に対する債権者となります。
企業は、債権者に対してあらかじめ決められた金利を支払い、また支払いの期日が来たら貸し付けてもらった資金を返却することになります。

つまり融資では、債権者は、企業に投資した元金が戻ってくることと、それに金利が上乗せされて利益となるという利点を得ることになります。

これに対して企業側は、債権者から借り受けた資金を使って事業を展開し、そこから得られた収益から債権者に対する資金と金利の返却することになります。

こうしたことから、借りた資金の元本と金利分の収益が減ることになりますが、その部分をしっかりと行えば経営の方針も自由に動かすことができ、また、融資では債権者にとっては元金が返ってくるというメリットもあるために、比較的多額の資金調達が可能になります。

一方の出資の場合には、企業に出資をすることによって、資金を出資した人たちは出資者となり、企業は出資者に対して株券を発行します。

株券を得た出資者は、その企業の株主、つまりオーナーの一人となって企業の一部を所有することになるため、企業の経営や事業方針などに対しての発言権を得ることができます。

また、企業が業績を伸ばせば、株主は持っている株価が上昇することで、自分の資産が増えることになり、また企業があげた収益の一部を配当金として受け取ることができるのです。

これに対して企業側は、企業の株主である出資者から資金調達をすることができるために、返済の必要がない資金を手に入れることができ、これをすべて会社の運用金として充てることができます。

しかしながら、経営側の事業展開などによっては、株主からの賛同が得られないこともあり、こうした場合には、事業計画を見直したり場合によっては経営陣が退くことを余儀なくされることもあるのです。